ママとしてできる対応 中学受験相談の申込

中学受験おつかれさまでした

投稿日:

中学受験おつかれさまでした

2018年の中学受験(東京・神奈川)が、ほぼ終了しました。

お子さん、そしてご家族のみなさま、本当におつかれさまでした。

合格/不合格に関わらず、これまでの数年間、親子でがんばってきた努力はこれからの生きる力となります。

この経験を活かして、前に進んでいってほしいと思います。

わが家も長男、次男と中学受験を経験しています。

もちろん、合格と不合格で本当に悲喜交々でした。

でも1つ言えることは、

ということ。

たとえ第1志望にご縁がなかったとしても、入学した学校で花を咲かせる子はたくさんいます。

親としてできる一番大切なことは、

子どもが楽しい中学生活を送れるようにサポートしてあげること

です。

これからも、子どもの一番の支援者となってあげてくださいね。

さて、わたしの中学受験相談や講座を受けたママからも合格の報告が入ってきました。

毎日親子でバトルしていたママ

偏差値が上がらずヤキモキしていたママ

ご主人と受験の方針が合わずに悩んでいたママ

受験の悩みでメンタルが不安定になってしまったママ

さまざまな悩みを受験相談や講座を通して克服し、がんばってこられました。

その努力を知っているからこそ、本当にうれしく思います。

入学手続き、入学説明会、卒業式など、これからもまだまだ行事が続いて大変ですが、体調には気をつけてがんばってくださいね。

合格後に必要なことについては、こちらで紹介しています。

「入学手続きチェックリスト」

新年度に向けて(新小4~新小6の方)

2018年の中学受験が終了したのもつかの間、もう新年度の塾の授業が始まっています。

新小4の方は、はじめての塾通いで戸惑うことがたくさん!

すでに塾に通っている新小5~新小6の方は、前年と比べて授業数が多くなったり、勉強量が増えて、慣れるのに一苦労かもしれません。

新年度を迎えて、また新たに長期および短期の「中学受験相談」を募集する予定です。

詳細については、後日お知らせしますね。

わたしの次男は、自分の中学受験について、こんなことを言ったことがあります。

「中学受験、超楽しかった!もう一回やりたい!
ボクの友だちはみんな「もう2度とやりたくない」って言ってるけど、
なんでそんなにツライ受験だったんだろうね」

これを聞いて、中学受験をして本当によかったなと思いました。

もちろん、次男の受験生活は順風満帆だったわけではありません。

成績が低迷して、小6の夏休み後の模試で偏差値40点台だったこともあります。

はたから見ても、このときはさすがにきつかったんじゃないかと思いましたが、本人は「このときも辛くはなかった」と言っていました。

これは、塾のサポートのおかげもありますが、親の日々の子どもへの接し方が重要だと考えます。

「中学受験は親で決まる」

と言われるほど、親の役割は重要です。

親が変われば、子も変わります。

自分の子どもへの接し方を見直して、楽しい受験にしませんか?

「中学受験相談」は、塾の先生ではできない、ママのメンタルのケアを行います。

(新規募集の開始は、近日お知らせいたします)

中学受験の悩みは、「中学受験相談」で解消しましょう!

 

-ママとしてできる対応, 中学受験相談の申込

Copyright© 中学受験お悩み解決/相談サイト , 2018 All Rights Reserved.