中学受験/反抗

ココロ貯金 ママとしてできる対応 子どもの反抗/問題行動の対応

私への反抗がひどくなってきました、このままでは中学受験が心配です

母親への反抗や暴言がひどくなって困っています

先日、あるお母さまからこんな相談が寄せられました。

ご相談

「勉強しなさい」と言うと、子どもが「うるさいなぁ」と言うようになりました。

塾の宿題をやらなければならないことはわかっているはずなのに、ちっとも自分から勉強しようとしません。

このままでは成績が落ちて、志望校に合格できなくなりそうです。

このようなご相談はよく受けます。

小学校高学年ともなると、親の言うことに反抗してくるのですよね。

いわゆる「反抗期」というやつです。

いやですよねー、これ。こちらの心が引っ掻き回されるわけです。

「うるせー」「しつこい」「わかってるよ」「あとでやるよ!」「お母さんは黙っててよ」「ほっといてよ」と、親の傷つくことばかり言う。

そうなると、こちらも、

「親に向かってなんてこと言うの!」
「そんなんじゃ試験落ちちゃうよ!」
「あんた自分の成績が悪いのわかってんの?」
「勉強がイヤなら受験やめちゃえば?」

なんて応戦しちゃう。(トホホ)

勉強しなくても子どもはそれほど困らない

子どもは「今」を生きる生き物。未来のことはあまりよく考えません。

今が良けばそれでいいんです。ここが大人とは違うところ。

今勉強しなければ今後どうなるか、なんていうことを考えるのは上手じゃない。

なので、勉強しなければ後で困るという自覚がない子どもに対して、「勉強しなさい」と言っても、「うるさいな!」となっちゃうんです。

中学受験/反抗

反抗がひどいようなら、勉強よりも先にしなければならないことがあります。

勉強より先に反抗期の対応を

親の言うことを素直に聞き入れることができない状態であれば、この先何回言っても自分から進んで勉強することは望めません。

それよりも、反抗期の対応が急務!

勉強は、子どもの情緒が安定したら、少しずつやるようになります。

まずは子どものココロ貯金を貯めていくこと。

それが解決への近道です。

子どものココロ貯金が貯まってくれば、子どものメンタルヘルスが安定してきて、やる気が出てきます。

子どもに「大好き」を伝える行動をしていきましょう。

ココロ貯金の貯め方

ココロ貯金の貯め方には、いろいろな方法があります。

詳しくはこちらを読んでくださいね。

ココロ貯金

これから子どもと長い時間一緒に過ごす夏休みがやってきます。

夏休みは、特に子どもとの衝突が増えるもの。

ココロ貯金の上手な貯め方を知りたい方は、夏休み前にココロ貯金の講座を受けてみませんか?

詳細は、上記の「ココロ貯金」のページを参照してくださいね。

子どもが反抗する場合は、勉強よりも先に反抗期の対応を!まずは、子どものメンタルヘルスを安定させましょう。それには「ココロ貯金」を貯めることがポイントです。

親の対応が中学受験を大きく左右します。特に、夏休みは重要な期間。

ハッピーな受験生活を過ごして合格を手にいれたいなら、ココロ貯金で先手必勝ですね。(^^)

-ココロ貯金, ママとしてできる対応, 子どもの反抗/問題行動の対応

© 2020 中学受験お悩み解決/相談サイト