中学受験/親の叱咤激励の影響

ココロ貯金 ママとしてできる対応

中学受験生の親が「勉強しなさい!」より先にすべきこと

「勉強しなさい」と叱ってばかりいませんか?

「子どもに勉強してほしい」
「子どもの成績を上げたい」

そう思えば思うほど、親は子どもに「勉強しなさい!」と言いがち。

そして、子どもからは「うるさいなぁ」とイヤな顔をされてしまう。(泣)

そんなふうになっていませんか?

これは、受験生の子を持つ親にとっては、いたって普通のこと。
(私も最初はそうでした~(^^;)

だって、志望校に合格してほしいですものね。

塾の宿題がたまっていてやっていなかったり、ゲームばかりして勉強しなかったり、模試の結果でCやD判定が出たりすると、それはもう心配でたまらなくなっちゃう。

「なんで宿題やってないの?受験に落ちても知らないからね!」
「ゲームばっかりやって勉強しないから偏差値上がらないのよ」
「模試の結果が悪いからもうちょっと真剣に勉強しなきゃね」

こんな言葉が口から出ちゃう。(そして反省…)

でも、子どもは、そんなこと言われなくてもわかっているし、わかっていてもやりたいことを優先してしまうし、わかっていることをわざわざ親から言われたくない、と思ってます。

それに、子どもにとっては、子どもなりに一生懸命がんばっているんです。
(親の期待値とはかけ離れているけど)(泣)

このような声かけは、子どもを勉強させるには、まったく効果がありません。

激励のつもりでも、子どもはやる気が出ないし、むしろやる気を奪っちゃうNGな対応なんです。

中学受験/親の叱咤激励の影響

「勉強しなさい!」と言うより先にすべきこと

子どもが勉強をしないのは、もしかしたら「疲れている」「勉強する量が多すぎてやりきれない」「問題が難しくて解けない」「勉強する時間がない」「勉強にうんざりしている」などかもしれません。

そもそも、子どもにとっては、中学受験って、始めたはいいけど、こんなに勉強しなきゃいけないものだとは、これっぽっちも知らなかったかも。

そして、毎日毎日、勉強、勉強でこれ以上がんばれなくなっているということもあり得ます。

車でいうと、ガソリン切れ、ガス欠状態です。

だとしたら、親がすべきことは、子どもに「もっと勉強しなさい!」と言うことではありません。

そんなことをしたら、エンストを起こして、まったく走れなくなります。

ガソリン(愛情)を注入してあげることの方が先!

つまり、「子どもの心を満たしてあげること」。

そうすれば、情緒が安定してきて、自分に自信がでてきて、やる気がみなぎってくるんです。

では、一体どうやればいいの~?

愛情を注入する方法は「ココロ貯金」

子どもに親の愛情を伝える方法として、ココロ貯金というものがあります。

子どもの心を貯金箱に例えて、そこに愛情を貯めてあげるんです。

やり方はいたってシンプル。1秒でできるものもあります!

1秒でできるココロ貯金の貯め方

  • 子どもに「大好き」と伝える
  • ほめる
  • 子どもの話を聴く
  • 子どもに触れる(スキンシップ)
  • 承認する

この他にも、まだまだたくたんの方法がありますよ。

叱るよりもココロ貯金を貯める

子どもに勉強してほしいからと「勉強しなさい!」と叱咤激励するのは逆効果。

それよりも、子どもの心を満たしてあげて(ガソリンを満タンにしてあげて)、自分から走り出すのを見守る方がずっと早道なんです。

ココロ貯金が貯まってくれば、自然とやる気が出てきます。

あなたの視点をちょっと変えてみて、叱るよりも子どものココロ貯金を貯めていきましょう。

それでも、どうしても子どもを叱っちゃうというあなた。

ココロ貯金講座で貯め方を学んでみる方法もあります。

「わかる」と「できる」は違うんです。

できるようにするには、専門家に学ぶのが一番。

中学受験は期限があるもの。試験日は待ってくれません。

子どもの成績を一刻も早くアップさせましょう。特に、夏休みが勝負!

夏休みの前にココロ貯金の方法をマスターすれば、その後の中学受験生活がラクになります。

現在、ココロ貯金の入門講座の開催を準備中です。

募集開始まで、しばらくお待ちくださいね。

中学受験向け:ココロ貯金 入門講座の内容はこちら。

楽しい中学受験/合格のコツ

-ココロ貯金, ママとしてできる対応

© 2020 中学受験お悩み解決/相談サイト