2月本番直前にすべきこと

⑤子どもにアドバイスしてほしい「当日の試験の受け方」(本番直前)

更新日:

⑤子どもにアドバイスしてほしい「当日の試験の受け方」

試験を受けるときのコツを、子どもにあらかじめ伝えておきましょう。
これらは、合否を左右するほど大切なことです。

下記にリストしますので、ママから伝えてあげてくださいね。

教室に向かう前に、受験に必要な物を持っているかどうか、親と確認する。

静かに受験する教室に移動する。

  • 受験番号を確認して、教室を探し、正しい席に座る。

必要があれば、トイレをすませておく。

自分の席に着席したら、受験票、時計、使用が許可されている筆記用具のみ机の上に置く。

  • 学校によって机の上に置ける筆記用具が異なるので、その都度確認する。

試験開始まで静かに待つ。

  • 問題集やノートを見たり、お守りを見たりしてリラックスする。

試験監督者が来たら、指示に従う。

試験問題が配られても、不用意に触ったり、開こうとしない。

  • 「試験始め」の合図があるまでは、問題集もえんぴつも絶対に触らないこと。カンニングと見なされることがあります。

筆記用具や問題・解答用紙などを床に落としても、自分で拾わない。

  • 静かに手を挙げて監督者に伝える。

何かあったら、遠慮せずに監督者に伝える。

  • 具合が悪い、トイレに行きたいなど、何かあったら監督者に伝える。途中退席した場合、その後どのような行動を取ればよいのかについては、指示に従う。

試験中はキョロキョロしない。

休み時間はできるだけ気持ちを落ち着かせる。

  • 廊下に出たり、トイレに行ったり、許可されているなら飲み物を飲んだり、あめ、チョコ、おにぎりなどを食べたりして過ごす。

大きい声を出したり、騒いだりせず、静かに過ごす。

  • 知っている友達がいたりすると、ついつい騒いでしまうので気をつける。試験監督はその様子も見ています。

時計は自分が持参したものを見る。

  • ほとんどの学校で教室に時計がありますが、自分の座る位置によっては、横を向いたり、振り向かないと時計が見られない場合があります。カンニングと思われては困るので、持参した自分の時計を見るようにしましょう。
子どもは大人が予想もしない行動を取るものです。「してはいけないこと」をあらかじめ伝えておくことで、不要な問題が発生することを防ぎましょう。

 

-2月本番直前にすべきこと

Copyright© 中学受験お悩み解決/相談サイト , 2018 All Rights Reserved.