中学受験/ココロ貯金

ココロ貯金 ママとしてできる対応

「中学受験は親で決まる」とはいえ、親は何をすればいいの?

「中学受験は親で決まる!」

これ、数ある中学受験本の名文句ですよね。

中学受験をするとき、子どもはわずか12歳。

確かに、親の力なしでは乗り越えることはできません。

だからこそ、親力が試される。

「勉強しなさい!」と親が叱咤激励するか。

子どもが自分から進んで勉強をやるか。

前者は、子どもが反発して親子げんかになることもあります。

後者は、親はイライラすることなく子どもを見守ることができます。

どちらかといえば、後者の方になりたいですよね。

そうなると、親に必要なのは、「子どものやる気を引き出す力」なのではないでしょうか。

これさえ抑えておけば、親は勉強のことには関わらなくても、良い結果がついてきます。

子どもが自分から進んで勉強せず、やる気がないのは、心が満たされていないから。

車で言うと、ガソリン不足(ガス欠)状態なんです。

車はガソリンがないと走れません。

それと同じ。

子どもも、エネルギーのもとになる親の愛情が心に貯まっていれば、元気に走ることができます。

親は何をすればいいの?

親に必要なのは、「子どものやる気を引き出す力」。

では、具体的には何をしたらいいのでしょうか?

それは、ココロ貯金で子どもの心の貯金箱に親の愛情をいっぱい貯めてあげて、やる気を引き出すこと。

そうすれば、何事にも自分から進んで取り組むようになります。

「ココロ貯金とは」

-ココロ貯金, ママとしてできる対応

© 2020 中学受験お悩み解決/相談サイト