中学受験/ココロ貯金

ココロ貯金 ママとしてできる対応

「勉強しなさい!」をやる気が出る言葉に変える方法

指示や命令がNGな理由

「勉強しなさい!」と子どもに指示・命令する言葉が、全く効果がなくてNGだということは、いまやご存知のママも多いことでしょう。

どの子育て本やネット情報でも、そのように言ってますものね。

「勉強しなさい!」が良くない理由は、子どものやる気を奪ってしまうから

人は誰でも、相手から命令されるのは好きではありません。

また、命令されても、それを喜んでやろうとする気にもなりません。

やるとしたら、イヤイヤやります。

勉強だってそう。

親から「勉強しなさい!」と言われたら、イヤイヤやるしかない。

「はーい、勉強しまーす」と喜んでやる子はまずいないです。(涙)

効果がないとわかっているなら、今後はもう「勉強しなさい」というのはやめておきたいですよね。

では、どうしたらいいでしょうか?

子どもがやる気が出る言葉に変換する

「○○しなさい!」という声かけでは、子どもは喜んで行動しようとはしてくれません。

代わりに、子どもがやる気が出る言葉に変換しましょう

ポイントは、できていないことに注目するのではなく、できていることに注目して声をかけること

7月開催のココロ貯金オンライン講座で、子どもがやる気が出る言葉について具体的に学べます。

すぐに身に付くように、ロールプレイもやりますよー。


「勉強しなさい」に代わる言葉はたくさんあります!
ぜひ一緒に学びましょう!

「中学受験生の親御様限定「ココロ貯金オンライン入門講座」7月開催」

-ココロ貯金, ママとしてできる対応

© 2020 中学受験お悩み解決/相談サイト