くり上げ合格 中学受験のちょっとした悩み

くり上げ合格だと入学後についていけるか心配?

投稿日:

くり上げ合格だと入学後についていけるか心配? 

「くり上げ合格だと入学後についていけるかどうか心配」という声をよく耳にします。

学校説明会で、直接先生に聞いていらっしゃる方もみかけます。

きっと、学校には同じ質問がたくさん寄せられるのでしょうね。

だから、質問される前に説明してくれた学校がありました。

「くり上げ合格をされたお子さんは、合格者と1点の差で不合格になったお子さんです。成績の差はほとんどありませんので、心配する必要はありません」

そうなんですよね。

合格点より1点低かっただけなんです。

だから、結論を言うと、

くり上げ合格でも、入学後についていけるかどうかを心配する必要はない

ということです。

これを聞くと安心しますよね。(^^)

くり上げ合格はどのようにして決まるの?

くり上げ合格は、次のように決定されるようです。

入試の合格・不合格は、多くの場合、4科の合計点で決まります。

このように4科の合計点で合格・不合格を決める場合は、ある特定の教科が不得意でも、他の教科でカバーできます。

つまり、不得意な教科があっても大丈夫ということですね。

でも、くり上げ合格の場合は、少し違うようなのです。

試験の結果において、4科の合計点が同じ点数の子が、だいたい2~20名程度いるそうです。

これだと、4科の合計点だけではみな同じなので、判断できないのですね。

なので、教科に優先順位があるのです。

たとえば、算数、国語、理科、社会の順だったり。

このような場合は、同じ合計点の中で、算数の点数の高い順にくり上げ合格となります。

算数が同点の場合は、次の教科(国語)の点数の高い順…というように続いていきます。

優先順位は学校によって違うので、気になる方は直接学校に問い合わせてみましょう。

くり上げ合格でも入学後についていけるかどうかを心配する必要はありません。
合格したことを思いっきり喜びましょう。

-くり上げ合格, 中学受験のちょっとした悩み

Copyright© 中学受験お悩み解決/相談サイト , 2018 All Rights Reserved.