2月本番直前にすべきこと 中学受験のちょっとした悩み

中学受験の本番前、学校は休む?休まない?

投稿日:

中学受験の本番前、学校は休む?休まない? 

東京・神奈川の受験本番は、2/1からです。

そこで気になるのが、1月の過ごし方。

本番まで学校に通い続けるか、それともお休みするか。
これは迷いますよね。
 
もちろん、休めば欠席としてカウントされます。
それに、あまり休む日数が多くなるのも気になるところ。
 
あなたのご家庭では、その方針は決まっていますか?
 
息子たちの通っていた小学校では、1月の始業式に出席したら、その後は受験が終わるまで学校をお休みしていた生徒もちらほら。
つまり、約1か月欠席になります。

その他には、1週間前から、または2週間前からお休みしたり、まったく休まずに普通に登校するなど、さまざまな生徒がいました。
 
わが家の場合は、長男が1週間前から、次男が2週間前から、お休みをしました。
 
これは、インフルエンザ対策でもあり、受験勉強対策でもあり、の理由からです。
 
まったく休まなかった子のママによると、

「家にいられると逆に困る」
「余計にダラダラしてしまう」
「朝遅くまで寝て毎日のリズム崩れるのが困る」
「家にいて1日中勉強するなんてありえないから、学校に行ってもらった方がいい」

など、さまざまな意見が聞かれました。
 
うちの長男の場合、お休みしましたが、勉強のためにすごい効果があったかどうかは微妙です。
やっぱり、ちょっとダラダラと過ごすこともあったかなと…。
ただ、ほとんどの時間を過去問を解く時間に充てられたので、それは良かったと思います。

でも、さらに一歩進むには、もう1週間あってもよかったかなと、いまさらながら感じます。
 
次男の場合は、お休みしたら、かなりの効果がありました。
というより、この2週間のおかげで、劇的に伸びました。
 
この期間に、塾の先生のアドバイスのもと、

  • 算数の苦手分野を克服
  • 理・社は新演習のテキストをくまなく暗記
  • 国語は記述が書けるようになった!

この期間があってこその合格だったと思います。
 
いずれにしても、長い休みを頂くことになるので、学校の先生には、トラブルにならないような届け出のしかたをしたいですね。
 
先生によっては、受験に賛同的・協力的な方と、そうでない方がいらっしゃいます。
丁寧な対応を心がけたいですね。

欠席の届出は、ほとんどの場合、連絡帳での連絡でOKなことが多いようです。

連絡帳に書くときは、丁寧な文章を心がけ、要点を短く簡潔に書きましょう。
特に、休む期間と理由を忘れずに。

また、学校から緊急のお知らせがあるとき以外は、先生からの連絡やプリントの受け取りは不要であることを伝えましょう。

先生も忙しいので、その都度連絡をしてもらってはお手数をかけることになります。

重要でないものは、「受験終了後、初めて登校する日に受け取ります」と伝えましょう。

(緊急のものは、通知または配布してもらいましょう。たいていの場合、先生がクラスのお友だちに頼んで、家まで届けてくれます)

同じクラスにママ友がいる場合は、学校の様子やお知らせなどは、そのママを通じてメールなどで連絡してもらえば安心ですね。

受験のために学校を休む場合は、早めに担任の先生に伝えましょう。

\ シェアしてください /

-2月本番直前にすべきこと, 中学受験のちょっとした悩み

Copyright© 中学受験お悩み解決/相談サイト , 2018 All Rights Reserved.