12月にすべきこと

①受験する学校(併願含む)の決定(12月にすべきこと)

更新日:

①受験する学校(併願含む)の決定

中学受験で12月中にすべきことの1つめ。
「①受験する学校(併願含む)の決定」についてお話します。

【①受験する学校(併願含む)の決定】

中学受験では、ほとんどの家庭で複数校を受験します。

受験する学校をどこにするか、子ども本人と家族でよく話し合いましょう。
必要であれば、塾の先生にも相談して決めていくのがよいでしょう。

併願校は、合否の結果によってパターンを決めておきます。

「2/1のA校が合格したら、2/2はB校を受験」
(→チャレンジ校に挑戦)

「2/1のA校が不合格なら、2/2はC校を受験」
(→安全校を受験)

この場合、2/2はB校C校の「ダブル出願」になります。

また、「午後受験」もするという家庭もあるでしょう。
午後受験をすれば、1日に2校受けられるので、選択肢の幅が広がります。

近年では、2月本番の前に受験する「お試し受験」をする家庭も増えています。
これは、2月本番の前に、1月に行われる地方の学校を受験するというものです。

お試し受験のメリットは、学校によって成績や順位が出るので、自分の立ち位置がわかることです。
この成績をもとに、2月の受験校を再検討することができます。

今や中学受験は、各家庭で平均5校受験する時代。
綿密な併願パターンを組むことが、成功のカギです!

-12月にすべきこと

Copyright© 中学受験お悩み解決/相談サイト , 2018 All Rights Reserved.